退職金規程

■退職金規程

 社員の高齢化の進展や企業業績の状況、成果主義・能力主義的な人事制度の増加により、今後も退職金制度の改革は継続していく必要があります。

 近年は在職中の貢献度を積極的に支給額に反映するタイプの退職金制度が増加しており、それに伴って、この退職金制度を採用する際のポイントを理解し、円滑に運用することが求められています。

 年功的な人事諸制度の見直しが進められる中、従来以上に貢献度反映型の退職金制度への改革が進めて行く必要があります。

 御社の社員の年齢構成、勤続期間構成、役職者構成、能力構成などを十分に考慮して退職金規程を見直すことをご提案します。

就業規則作成

▲こちらを参考にご覧下さい。